CHIBA CHEMIST

soundcloud CHIBA CHEMIST
myspace CHIBA CHEMIST
facebook CHIBA CHEMIST
twitter CHIBA CHEMIST

email CHIBA CHEMIST
mixiicon CHIBA CHEMIST
youtube CHIBA CHEMIST
lastfm CHIBA CHEMIST


chibaprof290290 CHIBA CHEMIST

Releases

Content for id “rel1″ Goes Here

Content for id “name1″ Goes Here

Content for id “rel2″ Goes Here

Content for id “name2″ Goes Here

Biography

Chiba Chemist has been at large since escaping one of America`s most notorious city`s, the Arkham Asylum, Nevada. After smuggling his way into Tokyo in May of 2003, his notoriety soared as an artistic radical, who seems to draw acute attention from his lyrics and stage presence, a disquietingly memorable experience on any scene, whose likely return is always dreaded.

Bubbled in the beakers the Chemist fashions a whirl-wind of carefully crafted verses and shells you with his relevant symbolism and descriptive metaphorical story-telling styles. His energy packed lyrics guarantees to move the crowd. Chiba makes use of the stage when he performs, interacting with & feeding off the energy of the crowd using methods such as alliteration and call and response, Chiba hypnotically draws you into the music experience. Not merely an artist who seeks to entertain, but rather skillfully painting pictures in the mind of the listener. His delivery is like a Gatling gun with a silencer on it! Smooth and forceful but not too aggressive.

Oh yea, and tha nigga is funny, but he is also a deep ass thinker. Don’t sleep on him

Skip to the intro, Chiba got his first taste of music at the tough age of 5. His uncle, who was an aspiring jazz musician at the time, had his own home studio. He allowed Chemist and his cousins to experience recording a song first hand. It was about a local girl that they all liked. Those early years set the foundation for the future.

His intro to Rap/Hip Hop music came in the mid 80′s when his older sister, experiMENTALLY injected him with the music of artists such as Whodini, Furious Five and Run DMC. But what impressed him most was when she would freestyle rap and challenged him to freestyle his own licks. Chemist began to freestyle though it took him awhile, he also began to devise formulas composing his real damage. He was 9.

By the time he entered college however, he was free styling original songs, with his destro-descripto style. His first "official" Hip Hop song <Levitate> was written in collaboration with his college roommate, Django McDaniels in 1998.

In Tokyo, Chiba has collaborated with many artists of hip-hop, electro, trip hop and dub step genres. In 2004 Chiba dropped his 1st mix tape dearly entitled <S-10>.

In 2005 up in the laser room with Dj Audace he lyricized Hardliner`s<Converse All-Star Fetish>.

The following year he contributed to The Life Penciled Crew`s 1st album<Hibitanren>.

2007-2009 while tucked in the jungles of Thailand, Chemist concocted the finishing elements for his latest mix tape <Unauthorized Xperiments vol. 1> released by Musou Productions in the spring of this year and his first album <Helmet Jawz> scheduled for release on Inductive in January 2011.

 

アーティスト紹介:

Chiba Chemist
アメリカの中でも悪名が高いネバダ州アーカム・アサイラムを脱出以来、Chiba Chemistは世界各地を股に掛け続けてきた。2003年5月、Chibaは東京に潜入することに成功。

いかなるシーンにおいても見る者の脳裏に焼きつく彼の独創的なリリックやステージでの圧倒的な存在感はただちに注目を浴びるようになり、彼の名は前衛アーティストとして急上昇した。

脳内ビーカーで精密加工された彼のリリックは、その叙事的なスタイルに含まれる暗喩と象徴性で聴く者の意識を弾雨のごとく直撃する。

そのエネルギッシュな表現は観客を動かすこと間違いなし。一旦ステージ上がったChibaは、コールアンドレスポンスや頭韻法を用いたリリックを活用し、会場全体と情意投合しながら観客のエネルギーを最大限に引き出す。

しかし彼は単なるエンターテイメントの提供を第一の目的とせず、むしろ聴くものの意識内に巧みにイメージを描くことを狙っている。例えるならば、「消音機付きガトリング・ガン」である。アグレッシブすぎず、滑らかに真に迫る。

このニガはとにかく面白い。

しかし物事を深く考えている。無視できない存在である。

Chibaが初めて音楽を味わったのは5歳の時であった。当時、ジャズ・ミュージシャンを志望していた伯父は自宅に設置したホーム・スタジオをChibaやその従兄弟達に解放し、曲のレコーディングを直接体験させた。

若きChiba達が初めて作曲した歌は皆が好きだった近所の女の子について歌ったものだった。このような経験が彼の未来の基盤となったのである。

ラップ/ヒップホップとの出会いは80年代半ばに起こった。Chibaの姉がWhodini、Furious Five、Run DMCといった当時のアーティストの音楽を彼に注入していったのである。しかし、Chibaにとって最も刺激となったのは、姉が彼の目の前でフリースタイル・ラップを演じて彼自身にも即興でリリックを発するよう挑戦してきたことである。

コツを掴むのに多少時間がかかったものの、Chibaは姉の好影響を受けてフリースタイルを始め、さらに後の作詞活動にも直結することとなる独自の言葉や文体のフォーミュラを磨いた。わずか9歳の時だった。

大学に入ったころには、脱構築的かつ叙事的なスタイルのオリジナル歌詞をフリースタイルしていた。1998年、彼は大学寮のルームメイトであったDjango McDaniels氏とのコラボレーションによって、彼の初めての正式なヒップホップ曲とも言える「Levitate」を生みだした。

 

東京では、現在に至るまでにヒップホップ、エレクトロ、トリップホップ、ダブステップといった多様なジャンルのアーティスト達と活動してきた。

2004年、「S-10」を題名に初めてのミックス・テープをリリースし、2005年には、DJ Audaceとのコラボレーションで、Hardlinerの「Converse All-Star Fetish」を手掛けた。

また、翌年の2006年には、The Life Penciled Crewのファーストアルバム「Hibitanren」に貢献するなど、日本国内で精力的に活動を続けるChibaだったが、2007年突然タイに渡り、ジャングルに2年間潜みながら密かに新曲の調合に励んでいたのである。

日本への帰国から1年を経た2010年春、Chibaはミックス・テープ「Unauthorized Xperiments vol. 1」をMusou Productionからリリースし、2011年1月にはInductiveよりファーストアルバム「Helmet Jaws」の発売を控えている。